HOME>記事一覧>住宅の形状に合わせた素材を提案してくれます

劣化が少ない場合は塗装工事ができます

部屋

住宅の屋根や雨や積雪、紫外線などの影響で、老朽化しやすい部分です。お手入れをせずに放置をしておくと、雨漏りなどの原因になってしまいます。定期的に点検をしてもらい、早い段階でリフォームをすることで、費用を抑えることが出来ます。早い段階で劣化に気付くと、葺き替え工事などは必要なく、屋根塗装やカバー工法によるリフォームが可能です。比較的劣化が少ない場合は、屋根塗装のリフォームを行うことが出来ます。

カバー工法はポピュラーな方法です

部屋

屋根のリフォームは、カバー工法が人気があります。既存の屋根に新しい屋根材を設置することで、雨漏りなどを防ぐことが出来ます。葺き替え工事に比べると、費用を抑えることが出来るので、専門業者のスタッフが勧めることが多いです。

スタッフが現地調査を実施します

屋根は高い場所にあるので、劣化に気付きにくいですが、雨の日は家の中がカビ臭いと感じたり、天井にシミが広がったりしている場合はリフォームが必要です。専門業者のスタッフは、事前に電話で申し込んでおくと現地調査を実施しています。

葺き替え工事は費用が高くなります

屋根の老朽化が進んでくると、雨漏りなどの原因になり、大切な住宅の寿命を縮める原因になります。専門業者のスタッフは、リフォームの相談を行っているので、不安や悩みを相談しやすいです。住んでいる地域の降水量や方角、屋根の素材によっても、最適な素材は違ってきます。葺き替え工事が必要な時は、既存の屋根を撤去する必要があるので、費用は高めになることが多いです。

広告募集中