業者の仕組みを理解しよう

部屋

リフォームしたいので、業者に問い合わせて契約をしてみたものの、工事は別の業者が行っていることがよくあります。この仕組みをよく理解していない人は、一体何が起こっているのかよくわからないこともあります。この仕組みをひもといていくと、基本的にリフォーム業者が金づちなどを持って工事することはそこまで多くありません。小さな業者の場合には、入り口なっている会社と工事をする会社が合体していることもありますが、ある程度大きな会社はたいてい下請け業者に任せています。下請け業者は、リフォーム会社から連絡を受けて工事をすることになるでしょう。そのため、受け付けと工事をする会社が違うことが多いわけです。もし気になる場合は、連絡事項などがしっかり伝わっているか確認しておきましょう。

どれぐらいのお金がかかるか準備する

リフォームをする場合には、必ずお金がかかりますが、一体どれぐらいのお金がかかるかを理解しておく必要があります。リフォーム内容によってかかる金額が異なりますが、一番お金がかからないものは壁紙を新しくすることなどです。基本的に、手間もかからないだけでなく素材も安いため一部屋当たり\10000前後で行うことができます。これに対して、水回りを変更する場合や間取りを変更する場合は、大掛かりな工事をしなければいけません。特に水回りに関しては、給水管と排水管も同時に移動する事になるため、随分と手間がかかってしまいます。特に排水菅は決まった傾斜が必要で、傾斜が緩いとにおいが逆流するなどの問題が発生します。そのため、慎重に設置し直さなければならず業者に負担がかかってしまうこともお金がかかる理由の一つでしょう。

どれぐらいの期間がかかるのか

これからリフォームするといっても、どれぐらいの期間になるかを知っておいた方がよいでしょう。この期間がわからなければ、工事をするとき安心して過ごすことができないといえます。ただ、大掛かりな工事の場合にはそこに住むことができない可能性が高いでしょう。この場合には、引っ越しなどをして一時的にその家を出ていかなければなりません。特に、全体的にリフォームをする場合には1カ月から2カ月程度かかることが少なくありません。この時、業者の方にどれぐらいの期間が必要かを確認しておくことが大事です。この期間が明確ならば、いつまで引っ越しをしたらよいかわかるはずです。引っ越しの時にかかる費用や賃貸物件を借りる時の費用も明確になってくるでしょう。ただ、あくまで業者は予定として話してくれるため、予想通りにいかない場合もあります。特に外壁工事や外構工事の場合には天候によって何日も延期するようなこともあるでしょう。そのため、少し余裕を持っておくことが必要です。

広告募集中